パチンコCR花の慶次〜斬〜H6-Vの朝一潜伏確変判別法

By | 27 January, 2017

判別ポイント:アタッカー下の2枚の花びらランプ

 

左側の花びらが点灯していれば潜伏確変状態。
(右側は電チューサポート中に点灯します。)

 

パチンコCR花の慶次〜斬〜H6-Vの「2R」当たり判別

 

パチンコCR花の慶次〜斬〜H6-Vの「2R」当たりには、以下の3つの当たりが存在します。

 

�@2R確変当たり
�A2R通常当たり

�B2Rガセ当たり

 

液晶画面中図柄に「傾奇者」図柄が停止すると、上部のハネアタッカーが
2回開放され、「傾奇モード」や「極傾奇モード」へ突入します。

 

ここでまず、盤面右下の数字の書かれたランプのうち
「2」と書かれたランプが点灯しているかどうかを確認しましょう。

 

点灯していなければ、残念ですが�B2Rガセ当たりです。

 

点灯していれば�@2R確変or�A2R通常のどちらかとなります。

 

この�@か�Aかの判別も「桜ランプ」の点灯パターンで判別できます。

 

現在判明している潜伏確変判別パターンは以下のとおり。

このパターンで桜ランプが点灯していることを祈りましょう。

 

これ以外にも潜伏確変パターはあるという噂もあります。

 

「傾奇者」図柄が停止し、「傾奇モード」や「極傾奇モード」に突入した際に
2Rランプが点灯した場合は、とにかくしばらく様子を見ましょう。

パチンコ CR花の慶次〜斬〜H6-V【攻略のポイント】

とにかく確変継続率80%を誇る「CR花の慶次〜斬〜H6−V」ですから、
20連チャンくらいすることは、ままあります。

 

壺にはまれば4万発、5万発はすぐに出る機種なので、
はっきり言って10万円超えの勝利が望めます。

 

しかし、はまりもキツく、1000回転超えもざらにあります。

 

しっかりと攻略法を考えておくことが大事です。

 

仮に、1000円で25回まわせれば、1000回で4万円投資になります。

 

しかし、20回なら5万円投資になります。

 

この違いは案外大きいものです。

 

そこで、パチンコに勝つための基本は、理想回転数を意識することです。

 

「CR花の慶次〜斬〜H6−V」の場合は、
1000円あたりの理想回転数は以下のようになります。

 

換金率2.5円の場合・21回
換金率3.0円の場合・20回

換金率4.0円の場合・18回

 

クギ調整をよく見て台を選ぶことです。

 

とにかく1つでも多く回る台を選ぶことです。

 

下部と上部のアタッカー周辺のクギは出球に影響するので重要です。

 

基本の寄り周辺、道クギ周辺、へそ周りがチェックポイントです。

 

ストロークもチョロ打ちから上に向けて、常に打ち分けるのもコツです。

 

1箱分で何回転回せたかも意識すると、のまれる割合と回転数がつかめて、
ヤメ時の判断にもなり、無駄な投資を防ぐことができます。

 

また、この機種の特徴としては、セグの判別をしっかり行い
潜伏確変の取りこぼしがないようにするのも勝利への道と言えるでしょう。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *